タグ

PVアクセスランキング にほんブログ村

神社での不思議な体験~氏神様にお礼が言いたい~

2020年6月3日

神社で結婚式

あまぐりが、目に見えない世界に興味を持つことになった体験があるの。

あまぐりのプロフィール

「神」の存在を意識し始めたのもこの時からだわ。

その不思議な体験は、あまぐりの生き方を変えたの。

今日は大晦日だし、神社のことを書きましょ!

少しオカルトチックな、スピリチュアル的な要素が多いので、そういうのに興味がある人だけ読んでね。

こうれいじゅつ

「こうれいじゅつ」って知っているかしら?霊を呼ぶ儀式のことよ。

《悩みが絶えず、自分がどうしたいのか分からなくなっていた》20代前半の頃、あまぐりは、意図せず「こうれいじゅつ」をしてしまっていたことがあるの。

そのときのことを書くわ。

悩みが多かった当時、自分の気持ちを知るためにトランプカードをよく使っていたの。

あらかじめ赤がyes、黒がno、と決めておき、カードに「私は⚪⚪がやりたいですか?」と質問するの。

裏返していたカードをめくって、赤か、黒か、確かめるわ。

そこで、どんな結果が出ても良いの。結果に対し「えー、そんなのやだー」と思えば、自分が結果とは逆の答えを望んでおり、「うんうん、そうだよね」と思えば、自分の心はそれを望んでいることになるわ。

カードの結果に対して出た、咄嗟の自分の反応で、心の本音を知ろうとしていたの。

このゲームは10代のころから、何かに行き詰まるとしていて、まさか危険なことだとは思っていなかったの。

20代の前半は、あまぐりが大きな挫折をしたときで、当時は何かにすがりたい気持ちでいっぱいだったわ。そういう心が良くなかったのね。

そのゲームをしていたとき、自分の気持ちを知るのはもちろんだけど、自分の将来に不安があり、幸せになるための答えが知りたくてたまらなかったのよ。

自然と質問の相手は、自分の心ではなく、自分の将来を知っているモノに対して、答えを求める「占い」のようになっていたの。

その日の夜は寝られずに、ついついカードに手を伸ばしていたわ。

手始めに「男ですか?」ー「no」

「二十代ですか?」ー「yes」

こんなことをして、かなり病んでいたと思うわ。質問の答えが一致することに気をよくしたあまぐりは、いろんな質問をして楽しんだの。

「仕事の面接を受けるべき?」「20代で結婚する?」「興味のある資格に挑戦すべき?」

ここまでは良かったの。結果に対する自分の反応がおもしろかったわ。

しかし、奇妙なことに気がついたのは、「寿命」についての質問をしたときからよ。

  • 「90歳まで生きてますか?」ー「no」《まあ、90も生きなくてもいっか》
  • 「80歳まで生きてますか?」ー「no」《長生きしてもしんどいもんね》
  • 「じゃあ、50歳は?」ー「no」《早死にじゃん!え?私いつまで生きてるの!?》
  • 「30歳は?」ー「no」《、、、(ここら辺でおかしいと思い始めた)》
  • 「22、、、」ー「no」

このとき気づいたの。寿命の質問をする前から、自分にとって悪い結果ばかり出ていたこと。

例えば「老後は貧乏?」とか、「頑張ろうと思える仕事を見つけられる?」とか、他にもいろいろ質問したけど、ことごとく悪い結果ばかりだったの。望んでいない結果ばかり…。

しかも、自分の心を相手にして質問していたはずなのに、途中から「何か」に対して質問しているような錯覚に陥っていたわ。

怖くなったあまぐりは「何か」に対し、あることを聞いてみたの。

「あなたは悪魔ですか?」ー「yes」

「悪魔」という表現は、少々、現実離れしているけど、突っ込まないで(笑)とっさに「悪魔」しか出てこなかったの。ヤバいぞと思ったあまぐりは、その「悪魔」に対して要求したの。

  • 「帰ってくれますか?」ー「no」
  • 「どこかに行ってもらえますか?」ー「no」
  • 「帰って下さい」ー「yes」

帰ってくれなかったらどうしよう、と思ったが、意外にあっさり3回目で帰ってくれわ。

ここまでの出来事は、まるで都市伝説のようで嘘っぽくて、馬鹿げていると思うだろうけど、本当にあったことよ。「悪魔?」という存在を信じたあまぐりを、馬鹿だと思う方もいるでしょう。

けれど、真夜中に一人でこんな変なゲームをしていたのだから、奇妙なことが起こっても、不思議ではないわよね。

「氏神様」との出会い

部屋に変なものがいることに困ったあまぐりは、「徐霊 方法」と、ネット検索したわ。すると、塩を使う方法や、線香を立ててお経を唱える方法など、色々出てきたの。

その中に、「氏神様に参拝する」というものもあったわ。この時初めて「氏神様」という言葉を聞いて、ちんぷんかんぷんだったわ。

調べるとね、

氏神様とは、どうやら自分の住んでいる地域の守り神のような存在らしいわ。一番身近な神社にいらっしゃるみたいよ。夏祭りや初詣で行くような神社ね。

結局その夜はあまり寝ることができず、早朝に氏神様に会いに行ったの。

誰もいない早朝に、寝れなくてダルく重くなった体を引きずって、神社に向かったわ。少し怖いような気分だったわ。

長い長い階段をのぼって、氏神様に、

「私に何か邪悪なものが憑いているかもしれません。どうすれば良いか分からないので、ここにきました。助けて下さい。」

と、お願いして、家に帰ったわ。その日の夕方、あまぐりは不思議な体験をしたの。

徐霊

神社から帰って、お昼までしっかり寝たのだけど、夕方に急な眠気に襲われたの。ふっと意識が飛んでしまいそうだったので、仮眠をとることにしたわ。

夢をみたわ。男の人が何か言っているの。そして、あまぐりは灯りのついたおやしろの前にいるの。

その男の人は、長く何か言ってくれていたみたいだけど、ハッキリとは覚えていないの。あまぐりは理解ができなくて「何を言っているのか分からない」と、夢の中で思った記憶があるわ。

だけど、最後らへんに「あなたの力がいる。協力してくれるか?」というようなことを言われたの。

「はい」と返事したわ、訳も分かっていないのに。返事をしたものの、何をしたらよいのか?と一瞬悩んだわ。

とにかくなにかしなきゃと、とっさに「出ていけ!出ていけ!出ていけ!」と叫んでいたわ。自分でもびっくりしたの。口から「出ていけ!」が飛び出してきたの。

ずっと連呼している間、背中だけがこれまでにないくらいぞわーっとしているのが分かったわ。

そして、現実かは分からないけど、雷がなっていたわ。通り雨のようだったわ。実際に外で鳴っていたのか、夢の中で鳴っていたのか分からないの。雷が鳴り止み、雨がやむのと同時に目が覚めたわ。

そして、今のは何だったのかと考えたの。今日は神社に行ったし、あまぐりがやっていたことは徐霊そのものよ。

こんな変な夢、普通は見ないから…あまぐりは《目に見えない存在》を信じることにしたの。

神様に感謝しているわ

この夢で、学んだことがあったの。《弱い心に悪魔はつけ入り、強い心によって祓われる》ということよ。

「何かに頼りたかった」あまぐりの心に入り込んだ「何か」を、「出ていけ!」という強い心で追い払ったの。

《自分を信じる、強い心》が大切だと教わったわ。

このことを気づかせてくれた(と信じている)神様に、とても感謝しているの。

不思議な体験でも何でもない、ただの夢かもしれないわ。ただの夢でもいいの。神様だっているかは分からないし、いなくてもいいわ。

だけど、生きる上で大切なことを教わって、とても感謝したい気分なの。だから、神様を信じるわ。

そしてあまぐりは、その氏神神社のファンになったの。定期的に、参拝して感謝の気持ちを伝えているわ。また、毎日神棚に手を合わせるようになったわ。

夢で学んだことによって、その後の生き方はかなり変わったの。人生の転機だと思っているわ。

ちなみに、もう変なゲームをしたりはしないわ。自分の頭でよく考えれば、答えがでるものね。

あわせて読みたい

曼荼羅を書いて、塗っちゃった!

読者登録お願いします♥️dearあなた♥️

おひとりさま あまぐり - にほんブログ村

ブログ村のバナーは下のほうにあるの。押して下さると、嬉しいですわ♥️

↓↓↓

新着記事

メールレディで人生変わった話

金銭苦のために始めたメールレディだけど、やって良かったと心から思ってるわ。だって ...

(完)メールレディ、衝撃を受ける…

今回は、メールレディ・シリーズ最終回!!!予想を超えた結末に…!!! 前回、フェ ...

メールレディvsフェチ男

「ファム」で、素敵なおじさまと出会ったあと、2人のフェチ男さんにも出会うことに… ...

なぜ…メールレディvsおじさま(舘ひろし似)

前回、2つ目のメールレディのサイト「ファム」に登録したの。 「ファム」は、「モコ ...

メールレディ、調子にのる

今まで長々と書いてきたメールレディ・シリーズだけど、 実は、メールレディを始めて ...